BUTTERSOUND

好きを仕事に。JUST BE MYSELF

JUST BE MYSELF

好きを仕事にする。

映画やアニメ、ネットサーフィン時のおやつはポテトチップスが最適。おすすめ4つ【カロリーは気にしない】

ポテトチップス大好き、バターサンド(@TaButterSo)です。

年間で100袋は消費している僕がコンビニやスーパーで簡単に入手できる定番ポテトチップスについて独断と偏見で評価します。主にブログを書いている時と、アニメを見ている時に食べています。ダラダラと"ながら食い"が出来るのもポテチの魅力です。たまにはカロリーのことは忘れて食べちゃいましょう!

コイケヤ「のり塩」

ど安定のコイケヤ「のり塩」です。単に僕がのり塩味が好きなだけというのもあります。またポテトチップスの2大メーカーのカルビーとコイケヤだと、ぼくはコイケヤ贔屓なのでコイケヤ「のり塩」をお勧めします。

コイケヤのポテトチップスの特徴は、若干チップスが肉厚なところです。この厚さですが、カルビーのポテトチップスと比較すると、カルビーはチップが膨らんでいる、つまり揚げた時にチップの中に空気が入っているものが多いため、薄く感じます。対してコイケヤは比較的空気が入っているものが少なく、結果的に肉厚なチップになっていると感じます。空気が入ってるのもそれはそれで軽い食感でおいしかったりするのですが、ここは個人的な好みとして、肉厚ですこし噛みごたえのあるコイケヤを推します。

味付けの「のり塩」ですが、のりは青のりです。塩は伯方の塩。青のりの味はわりと薄めと言うか、そこまで主張しないです。どちらかと言うと伯方の塩が勝ってると思います。しかし、前述した肉厚なチップのおかげでじゃがいもの風味がとても良く感じられ「じゃがいも」「青のり」「伯方の塩」の3者が一体となり完全に調和していると思います。その結果、全く飽きがこない味を実現しています。だからこその大定番になっているのでしょう。僕が改めて言うまでもなく傑作です。

 カルビー「堅あげポテト うすしお味」

普通のカルビーのポテトチップスではなくあえて「堅あげポテト」を推します。何と言っても特徴はガリガリとした食感。いわゆる「釜揚げ」という製法で作られていて、通常のポテトチップスよりも低温で長時間揚げる事でこの固さを実現しています。チップに厚みがあるためその固さと相まって非常に食べ応えがあります。またじゃがいもの味がとても濃く、いも好きにはたまりません。その秘密は原料であるじゃがいもの品質にかなりこだわっていて良いじゃがいもだけをつかっていることにあります。

期間限定のフレーバーも数多く発売されていて、こちらもオススメではあるのですが、なんだかんだで結局このうすしお味に戻ってくる事になるのはやはり飽きのこないシンプルさ故です。どこのコンビニでも売ってるのもうなずけます。超オススメ。

カルビー「ポテトチップス コンソメパンチ」

コンソメ味が一番すき!という人も多いですよね。やはり魅力は濃厚なコンソメ風味でしょう。カルビーのコンソメ味をオススメする理由としては、コンソメが濃すぎないところです。コンソメ味がさっぱりしているというか。それ故、上記の2商品とも共通して飽きずに食べ続けられます。また、個人的にはカルビーのポテトチップスは薄めのチップだと思うのですが、その結果コンソメがチップによく絡んでいて、味がダイレクトに舌に伝わってくるパンチ感があります。濃すぎない味ではあるがダイレクトにコンソメを味わえるという一見矛盾した状態を実現し、かつ軽い食感で飽きずに食べられる。もはや芸術品の域です。

ちなみに、もっとコンソメを味わいたい人向けにコンソメが増量されたダブルパンチ、トリプルパンチも発売されています。こちらは常に売ってる感じではなく、たまに見かけるので見つけた方は食べてみてください。

ソシオ工房「フラ印 ポテトチップス」

こちらはもしかしたらご存知ない人も多いかもしれません。コンビニには多分売ってないし、スーパーでも見た事無いです。ほぼ確実に売ってるのは成城石井です。

ハワイ生まれ日本育ちのポテトチップスで、日本最初のポテトチップスでもあるそうです。うすしお味、のりしお味、バーベキュー味の3種類がありますが、どれもおいしいです。どの味もこれと言ってなにか大きな特徴があるという訳ではないのですが、非常にオーソドックスで飽きないです。じつは1袋の量が非常に多く、170グラムで売られています。コンビニで売られているサイズは、比較的多めのもので90グラム、通常は60グラム程度のものが多いです。しかしこのフラ印はそれだけの量でも一度でぺろっとたでる事が出来てしまいます。コンビニで売ってるポテトチップスに飽きた方は是非一度試してみてください!ハマります。

株式会社ソシオ工房

まとめ

紹介したポテチはどれも珍しいものではなく、特に変わった味でもありません。でも、だからこそ長年愛され続けているんだと思います。もし食べた事が無い人は、是非どうぞ。ビールのつまみにも最適です。

フラ印 ポテトチップス 6種類 食べ比べセット