BUTTERSOUND

好きを仕事に。JUST BE MYSELF

JUST BE MYSELF

好きを仕事にする。

押し入れをクローゼットにリフォームする その2【DIY】

バターサンド(@TaButterSo)です。先日DIYで解体した押し入れをクローゼットにリフォームしていきます。今回は天井にワトコオイルを塗って、自分で壁紙を貼ります。前回記事はこちら ↓ ↓

butter-sand.hatenablog.com

 具体的な改装箇所は

1、天井にワトコオイル(木目が際立つ着色剤)を塗る

2、壁面に壁紙を貼る

3、床にクッションフロアを貼る

4、ハンガーラックを設置

5、壁に棚を設置

です。

今回は、1、2に着手しました。

1、天井にワトコオイル(木目が際立つ着色剤)を塗る

このあと壁紙を貼るのですが、先に天井を塗ります。先にやった方が養生の手間が省けると思った(壁に色がついても壁紙貼るからセーフ)ためです。ワトコオイルを刷毛でさっさと塗っていきます。私が塗った後から奥さんが布で擦ってなじませていきます。ココまではとても順調です。ワトコはオイルですが、さらさらの液状でかなり水っぽいので、広い範囲には塗りやすいです。ちなみに色はダークウォルナットです。

f:id:butter_sand:20170916232511p:plainf:id:butter_sand:20170916232507p:plainf:id:butter_sand:20170916232523p:plain

2、壁面に壁紙を貼る

壁紙を貼る前に、解体時に壁から強引に枠を外したため、ベニヤがビリビリになっています。ボンドかパテでくっつければ平になって壁紙が貼れるかなと思っていましたが、全然くっつかなかったため、ベニヤ自体を剥がす事にしました

f:id:butter_sand:20170910230035p:plain

壁の中断あたりのベニヤがビリビリに・・・

ベニヤは押すとちょっとペコペコする感じだったため、おそらく剥がせるだろうという事で、カッターで切れ目を入れてみるとカンタンに剥がせました。剥がすとコンクリが出てきました。ここに壁紙を貼っていきます。今回購入した壁紙は裏にのりがついていないタイプです。壁紙屋本舗・カベガミヤホンポで購入しました。クッションフロアも同時に購入しています。

f:id:butter_sand:20170916232503p:plainf:id:butter_sand:20170916232528p:plainf:id:butter_sand:20170916232535p:plain

本来はのりを壁紙に塗って壁に貼付けていくのですが、奥さんと相談して、のりは難しそうなので両面テープで貼ろう!という事に。しかしこれが完全に裏目に出ました。。。両面テープだと一度くっついてしまうと剥がすのが非常に困難で、ちょっとでもずれたり、よれたりすると取り戻しがつきません。この惨状をご覧ください・・・f:id:butter_sand:20170916232539p:plain

ちなみに左側のちょっときれいに貼れている方は奥さんが貼りました。写真では白っぽく見えますが、水色の壁紙です。一部壁紙が貼られていない部分には飾りのパネルのようなものが設置される予定です。

壁紙を自分で貼ろうと思っている方に是非お伝えしておきたいのは「両面テープで壁紙を貼るのだけはやめておいた方が良い」という事です。貼れなくはないですが、きれいに出来ない上に難しくて時間がかかります。シール状になったタイプの壁紙もありますし、シールタイプに好みのものが無い場合は のり で貼りましょう。

次回はハンガーラックを設置するのとクッションフロアを貼っていきます。

ワトコオイル ダークウォルナット W-13 1L

ワトコオイル ダークウォルナット W-13 1L