BUTTERSOUND

好きを仕事に。JUST BE MYSELF

JUST BE MYSELF

好きを仕事にする。

リフォーム業者の選び方!

業者の選び方はいくつかあります。しかしリフォームを請け負う業者ってたくさんありすぎ…僕がリフォームした際にどうやって業者を決めたかを書きたいと思います。

 どんな業者があるか

まずは業者といってもいくつかパターンがあるようで、おおきく分けると

リフォームを仲介するタイプ

自社でリフォームするタイプ

です。

 仲介の場合、その会社と取引のある工務店等に仲介業者から工事の発注をしてくれて、その指示を元に工事をしてくれます。自社でリフォームするパターンだと、工事の職人さんはその会社の人で、デザインなどの相談も直接その職人さんやその工事をする会社の人と直接話すことになります。それぞれにメリットとデメリットがあります。

 仲介業者のメリットとデメリット

メリット

例えば、キッチンとバスとリビングをリフォームしたいという場合、それぞれ業者が違うのですが、仲介業者の場合、これらを一気にお願いできます。支払いも仲介業者にだけすればいいので、わかりやすいです。打ち合わせも仲介業者の方とすればいいので、簡単です。全部一度に決められるので。

 

デメリット

あくまでも仲介業者なので、例えばバストイレの詳しい工事のことまでは把握してない(詳しい人もいるし、それなりの知識はあったりもする)事が多いです。また、仲介なので実際に工事する業者への引き継ぎ(デザインの要望、工事日程、その他細かい要望)が発生するので、引き継ぎ漏れや、意図がうまく伝わってないなどが起きる可能性が高まります。

 自社でリフォームする会社のメリットとデメリット

メリット

工事をする人と直接話して依頼することになるので、要望やその意図が伝わりやすく、またどういう工事をするといくらかかる、同じようなデザインでもこういう方法だと安くできるなど細かい事がすぐわかります。結果的にミスや、思ってたのと違う!という状況が起こりにくいです。

 

デメリット

それぞれ専門の業者に依頼するので、うちあわせをそれぞれで行う必要があります。トータルでやってくれる業者もあるようですが、あまり見つけられません。。自社でできる部分もあるけど一部は委託するというタイプの業者もあります。また、地元の業者など小さい会社の場合、HPで探す事が出来なかったりするので、依頼そのものがハードルが高いのと、事前情報が無いので、実際に電話してみないとどういう会社か分からなかったりします。

まとめ

基本的に業者を探す場合、ネットで検索か雑誌で調べるかです。良さそうなところが見つかったらまずはその会社の人と会って話してみて、可能なら家に来てもらって話しましょう結局、その業者の人が信頼出来そうかどうかが決め手です。好き嫌いでも良いです。ネットの口コミは真偽が定かでは無いので、それだけで決めるのは危険です。良い口コミばかりだったとしても、工事をしてみたらあれ?ってこともあると思いますし、悪い口コミがあっても実際にやってみたら、全然悪く無かったってことも。なので他人の意見ではなく、結局のところ自分が納得できるかが大事です。なので話し合ってみて見極めるのが最終的な決め手です。万が一工事で問題が起きても、真摯に話を聞いてくれそうな業者や担当者を探しましょう。